pin3のブログ

仮想通貨を旅をするように、楽しむ。『仮想通貨・珍道中記』

とあること、とテーマを書くか、書くまいか?思案中

書くか、、、、
書かずで、、、、、

おくか??

そのまま見過ごすか、気にすまいか。

さてさて(・_・;


思案のピンさんです。


そんな気持ちも
葛藤もまた綴っておくか。

徒然なりままに(笑)



そんな時


こんな名曲も思い出しました。

祖父母が、歌ってたな~♪

懐かしくエエ歌やな心だな、と。
男心、男歌。

まさに昭和の名曲。

動画も観た、聴いた。



鶴田浩二さん

男前やな✨
さすが銀幕のスター🎬


https://twitter.com/warai1234w/status/1082240120143499264?s=19




「右を向いても 左を見ても」


今の時代なのか。

今という時代だからこそ、またこんな名曲が、よみがえるのか。


やはり今日は、ここらで筆を置こう。





《歌詞引用》




作詞:藤田まさと、作曲:吉田 正、唄:鶴田浩二

  (セリフ1)
   「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを
   欲しがるもんでございます。どこに新しいものがございま
   しょう。生れた土地は荒れ放題、今の世の中、右も左も
   真っ暗闇じゃござんせんか」

1 何から何まで 真っ暗闇よ
  筋の通らぬ ことばかり
  右を向いても 左を見ても
  馬鹿と阿呆(あほう)の 絡み合い
  どこに男の 夢がある

  (セリフ2)
   「好いた惚れたとけだものごっこがまかり通る世の中でご
   ざいます。好いた惚れたはもともと「こころ」が決めるもの
   ……こんなことを申し上げる私もやっぱり古い人間でござ
   んしょうかねえ」

2 一つの心に 重なる心
  それが恋なら それもよし
  しょせんこの世は 男と女
  意地に裂かれる 恋もあり
  夢に消される 意地もある

  (セリフ3)
   「なんだかんだとお説教じみたことを申して参りましたが
   そういう私も日陰育ちのひねくれ者、お天道(てんと)様
   に背中を向けて歩く……馬鹿な人間でございます」

3 まっぴらご免と 大手を振って
  歩きたいけど 歩けない
  いやだいやです お天道様よ
  日陰育ちの 泣きどころ
  明るすぎます おいらには





2019 1 7 月曜日 20:54